« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

アイコ

5 6 3

ミニトマトの実がなっているところと実の成長が止まってしまった房があったので写真に収めておきました。ここから咲いた花は実がぜんぜん大きくなりません。この上の房はまったく実が大きくならないので困っています。2枚目は、尻腐れ病にかかったアイコの実を撤去した証拠写真になります。今年は本当に問題が多い年ですね。まあ、問題のなかった年はないですが・・・ナスは剪定が終わって復活してきました。実も成り始めました。今朝のキュウリの収穫は1本です。まだ、前日のキュウリが残っているのでちょうどいいペースかもしれませんが、キュウリに勢いがなくなってきた気がします。雨水が流れ込んだせいかもしれません。画面バックに写る汚い画面はお忘れいただけると助かります。ついつい暑さで片付けが億劫になってしまっています。

2008年7月30日 (水)

4 Photo

ここまで稲が成長しました。あまり成長してないように見えて成長しているのですね。まわりの田んぼの稲もすごい勢いで成長していつのまにか追い抜かれている予感がしています。2枚目は胡蝶蘭です。お店を改装したしたときにいただいたものです。3株植わっていたのですが2株をお嫁に出したので1株残した胡蝶蘭です。元気に花芽を伸ばして蕾も確認できたので家の中にいれました。花芽が折れそうなもので・・・支柱をたててあげました。お店の中で花が枯れるまで育てようかと思います。今朝の収穫はきゅうり3本だけでした。1本は収穫できそうでしたが夕方の収穫にまわしました。明日の朝でもいいか・・・第二弾のトマトたちはどうやら高温にやられて途中から実がついていなかったようです。花ははでに咲いて元気に見えるのですが2段目の途中からすべて実がついていないです。これには参りました。どうしよう・・・・

2008年7月29日 (火)

アイコ

3 4 729

今日は、ミニトマト”アイコ”です。第二弾のアイコなんですが、尻腐れ病?なんですかね・・・黒くなってしまって色づいてしまいました。不健康な色づき方ですね・・・摘果して株に負担かけないようにしないといけないですね。そのままずるずるときてしまいましたが・・・2枚目は収穫したアイコに穴が開いていました。この房のうち3つほど虫にやられたようです。3枚目は今朝収穫したものです。アイコも最初のころに収穫するのは実が大きいですね。最後のほうは本当に小さいですしあまりおいしくないです。ようやく気温が雨のおかげでさがったので人間が楽になりました。培養液の減りも急激に減りましたし、この気温で第三弾のミニトマトが着果してくれるとうれしいです。高温だとうまく花粉ができないようで、実がぜんぜんつかない状態続いていました。下のほうの葉っぱは枯れてくるし・・・・トマトたちも一息ついたのかもしれません。

2008年7月28日 (月)

キュウリ

11 12

きゅうりです。培養液が切れてしんなりしたのであわてて培養液をあげたのですが、しんなりがとれない葉っぱがあります。水耕栽培だと水切れが即命にかかわりますので家をあけるのは注意が必要ですね・・・今朝は3本ほど収穫しました。夕方に2本くらい収穫できそうです。もう1本のきゅうりも収穫できるようになったので本数が増えてきました。2枚目は後釜のキュウリです。本葉がではじめました。そろそろ大きい発泡スチロールの箱にセットしようかと思っています。藻が発生してますね・・・これは遮光しないかぎり絶対に生えてくるものなのでどうしようもないです。この高温続きのせいかわかりませんが、ミニトマトが枯れ始めました。高温障害な気がします。ミニトマトの着果率がものすごく悪いですし・・・よしずで日陰を作ってあげたほうがいいのでしょうか?さし芽したミニトマトが着果がいまだに0なのでこのままだと撤去しないといけないです。去年一番果が着果しないと大きくなっても実がひとつもならないことを学んだので・・・・この暑さのなか、育っているのはキュウリ、トマト、ナス、スイカ、マクワウリ、稲だけになりました。キャベツも一応ありますが・・・この高温でうまく育つか・・・水菜、いちごは撤去しました。屋上にスプリンクラーでもつけて気温でもさげる方法もありますがね・・・もったいないし・・・水がめも心配だし・・・

2008年7月26日 (土)

キュウリ

今日は写真はありません。キュウリ1本取り忘れがあって、今日の朝葉っぱのしたに隠れているのを発見しました。普通の倍くらいの太さでまだ食べれそうです。あぶないですね・・あの場所だと本当に見つけにく場所でした。しかし連日35度を超える気温のなかで培養液の補充も大変です。第一弾のミニトマトの培養液もそろそろあげるのを止めようかと思っています。もう末期だしあまり質のいいトマトがとれないので・・・最近朝の培養液あげる作業は、逃げるように5分くらいしか滞在しません。夕方にすべて用意して朝は補助タンクセットとトレーに水補充です。大型発泡スチロールは、夕方に補充するので十分間に合います。しかしここまで気温が高いと野菜たちも息も絶え絶えのような感じがしますね。

2008年7月25日 (金)

ミニトマト

2 7

ほどよく色づいたミニトマトのアイコです。風邪で倒れていますのであまり考えずに写真とっています。最低限の培養液の補充で精一杯です。今年の風邪はおなかと熱とダブルですね。おかげでダイエットになっていますが・・・あまりうれしくないです。健康的に痩せないとね。アイコは第一弾と第二弾の間に種を蒔いたものです。第一弾のトマトがほぼ終わったのでこちらが主役となります。第二弾ももう少しかかると思いますし・・・・終わったものを撤去作業をしないといけないのですが、そのままの状態が多いです。風邪でそんなことやっていたら倒れるというのもあるのですが・・・2枚目はマクワウリがいつの間にか大きくなっていたという写真です。これでこの株は4個目の実がつきました。雌花はたくさん咲いたのですが、受粉したのは最初に2個と今回受粉したこの2個です。この間違う株と2個目を収穫&いただきましたが去年栽培したプリンスメロンより評判がいいのが複雑な気分です。マクワウリのほうが栽培がうどん粉病にかかる率が高いので難しいのですが、素朴な甘さが人気なんでしょうね。くせもないし。来年も作る予定です。

2008年7月24日 (木)

ナス

2 1 3

ナスを切り戻し剪定をしました。※きり戻し剪定とは、一気に枝を切り詰めて新しい芽をださせることにより、秋口においしいナスをいただく方法。一気に培養液を吸わなくなりました。補助タンクをはずして1日様子見ようかと思います。まあ、葉っぱがないので蒸散しないので少ない培養液でいいという理屈はわかりますが・・・・とりあえず、2週間くらいナスの収穫とおさらばです。2枚目はパセリです。奥に三つ葉も見えます。まだまだひ弱なパセリです。パセリを使うようになるのは秋口ですかね・・・スープがおいしい季節のほうが活躍するような気がしますが・・・3枚目は稲です。高さは50cmくらいまで成長しました。とりたてて報告することもないくらい順調です。昨日第一弾のマクワウリの最後の1つを収穫しました。いい匂いがしていたので収穫しました。これでまた培養液をやらなくてすむようになりました。エダマメも収穫していただきましたが、この時期は虫さんが中に潜んでいる確立が非常に高いです。感覚的に半分は捨てることになると思います。まあ、甘くておいしいからがまんできるのですが、来年からはこの時期に収穫するえだまめは虫対策をしないといけませんね・・・・マクワウリは今日にでもいただきます。子供から風邪をもらったのでちょっとつらいです。みなさまも夏風邪には気をつけてください。

2008年7月23日 (水)

キュウリ

10 9 6

朝から30度を超える日々です。キュウリが毎日収穫できるようになりました。お昼にサンドイッチにはさんで食べました。夕方にはもう1本収穫できそうです。2枚目の写真はキュウリの水耕栽培実験用です。双葉が開いているのがそうです。来月中旬からまた、収穫できるよう月に1回のペースでいいのかな?大体種まき後40日で収穫できるのでいま、収穫できているキュウリは1ヶ月くらい収穫できるのかな?去年の記憶が薄くて・・・・3枚目はマクワウリの第二弾です。こちらは大きめの発泡スチロールに入れている分成長はいいですが、培養液の吸い上げが1日4Lくらい吸い上げています。この時期は、どの作物もそのくらい吸い上げるのですが・・・・小玉スイカとつるが交じり合ってしまいました。ここまで元気だとうどん粉病を発祥しても重症化しないですね。暑すぎてうどん粉病のほうがへたっているのかもしれませんが・・・

2008年7月22日 (火)

スイカ

10 8 722

この前、受粉したと思ったけどここまで大きくなりました。2Lペットボトルの横幅くらいまで大きくなりました。現在3個ほどなっています。この株は再生株で、1回収穫したのですが、わき芽が元気に生えてきているのを発見したので培養液をやったらここまで大きくなりました。こんなことができるの株は少ないです。2枚目はキュウリです。3本なっていますが2本収穫しました。これなら毎日1本づつとれるかな?いまのところ元気なんですが、早晩根がいっぱいになって成長が遅くなると思います。去年もこの方法で育てたのでよくわかりますがもっとおおきなトレーにいれるかしかないと思うのですが、ここまで育ってしまうと移設もむずかしいです。まあ、最初の計画が肝心ということですね。次のキュウリに期待しましょう。これまでの反省を生かしてきっとうまい具合にできると信じています。3枚目は今日の朝収穫したものです。昨日1日収穫をサボったわりには量は少なくなりました。大玉はこれで終わりで、ミニトマトもほぼ終わりに近いです。あとは、中継ぎのアイコがしばらくがんばって第二弾のトマトたちにつながればいい感じです。中継ぎのアイコも成長が限界点に達してこれ以上成長させないように芽をとっている感じです。イエローアイコもさし芽しなくては・・・、いちごは病気にやられたので全部撤去する予定です。

2008年7月20日 (日)

キュウリ

7

今日は朝から30度を越える猛暑日のため、培養液を上げたら早々に逃げ出しました。おかげで朝からシャワーを浴びてからお仕事です。暑さのためかキュウリの成長も一段とよく培養液がすっからかんになってしまいます。トレーが狭いから大きいのに変えるべきかもしれませんね。キュウリは日々大きくなってきているのでもう2日くらいで収穫できるかもしれません。昨日小玉スイカを収穫したのですが、うちの坊主が落として割ってしまいました。写真には残せなかったのですが、よく熟しておいしかったです。マクワウリも同時に食べましたが、さわやかな甘みで私は子供のころに食べていたのでそれほどでもなかったのですが、子供の受けがよかったです。まだ、3つほどマクワウリは残っているので楽しみにしているみたいです。マクワウリはうどん粉病に弱いので来年も作るかどうかわかりません。第一弾の大玉トマト達はついに力尽きたようです。培養液を吸い上げなくなりました。なぜか4株もあって毎日おいしくたべましたがついに第二弾の大玉1株になってしまいました。ミニトマトはかろうじて生きています。キャベツとキュウリの種は屋上にあげました。根がでてきたのでヒョロヒョロになる前に太陽の下におきました。ただ、直射日光はよくないので蘭の遮光幕の中にいます。ついでに培養液もあげておきました。

2008年7月19日 (土)

スイカ

9 719 1

今日は収穫前のスイカです。こいつは、無事に育つなどサラサラ考えていなかったですが、なんとか開花後30日もったようです。葉っぱは枯れかけて一時あきらめていたのですが、早めに収穫できそうです。今日の夕方にでも収穫します。大きさは、グレープフルーツよりは大きいくらいで贅沢はいっていられませんが、いただきものの大玉スイカが我が家に3個もある現状では、家族によろこばれないと思いますが、一人ででも食べてみようかと思います。2枚目は、雷雨が夜中にやってきてトマト類は見事に裂けました。マクワウリも1個収穫できました。味はまだ、食べていないのでなんともいえませんが、いい匂いがただよっていたので収穫しました。トマト類はこれだけ高温と乾燥が続いていたら一気に裂けてしまいました。昨晩も軽く雨が降ったのでまたまた裂けている可能性が高いです。3枚目は、第一弾と二弾の間に育ったミニトマトです。赤なのでアイコでした。イエローアイコのほうが人気が高いのですがなかなかうまくいかないですね。さし芽したのもアイコなので、アイコが最大勢力になりました。イエローアイコも1株あるのですがもう一株育てないと・・・・

2008年7月18日 (金)

キュウリ

6 718

今日は先月の16日に種を蒔いたキュウリが1番最初に雌花を咲かせました。下のほうに咲いています。半月ほどキュウリの収穫ができず、嫁は素直にスーパーでキュウリを買っていましたが、内心こちらは忸怩たる思いでした。取れすぎたらまた、文句言われるのでしょうが・・・・第一弾のキュウリとは葉っぱの大きさがぜんぜん違います。まあ、根の量がまったく違うのでしょうがないのですが、この間まいたキュウリはもっと元気に育ってほしいです。去年と同じ栽培方法ですが、この栽培方法も限界が見えていますので・・・2枚目は、だいぶ落ち着いてきたトマトたちの収穫です。毎日このくらい収穫できるのでうちではもてあますのであちらこちらにおすそ分けされていきます。おいしいといっていただくともれなく2回目もついてきます。(笑 結局、夏は家庭でよく使われるキュウリ、トマト、ミニトマト、ナスあたりが主婦に喜ばれるということですね。ピーマンはたくさんとれても喜ばれないです。大量に収穫できるならピーマンの佃煮にすることもできるのですが、そこまでするのも・・・鍋物の季節には水菜、菊菜等も喜ばれますが・・・このほかに、キャベツと白菜ですね。白菜は毎年失敗しているので大きな顔はできませんが、今年こそはと思っています。たまねぎとにんにくも喜ばれます。ネギ、パセリ、三つ葉、ニラはあれば喜ばれると思います。台所の近くにあれば便利なんでしょうが、いまいち反応がうちでは薄いです。

2008年7月16日 (水)

種まき

Photo今日はキャベツ(みさき、グリーンボール)とキュウリ(フリーダム)の種まきをしました。本当はキャベツ金系201も種はあるのですが、とりあえず2種類の様子見となりました。キャベツは2粒まきです。キュウリは貧乏性なのか1粒だけしか蒔いてません。水耕栽培だと元気なので間引きはもったいない感じがするのでなるべく間引きしないようにしています。ただ、間引いたものも植え替えしたので今年のトマトは育てようとした倍の株になりました。スポンジの培地を使った栽培方法でキャベツを育てるのははじめててで失敗しないようがんばりたいと思います。いままでの方法だとなぜか小さくグレープフルーツくらいの大きさのキャベツしかとれないので栽培方法を変えてみようかと思いました。うちは基本的にぶくぶくを使わないので成長は少し遅いかもしれませんが土よりは早いです。キュウリは前回、発泡スチロールの箱が小さすぎて根がパンパンになってしまい成長がとまってしまいました。今回は、これでもか~という箱を用意してあるので問題ないと思います。去年の経験から1ヶ月に1株育てればキュウリは家庭では十分ということがわかりました。ナスなんか2株ですら家庭では食べきれないので・・・1日に3個のペースになっています。まあ、たまったらてんぷらや煮つけにして食べていますが・・・やわらかくておいしいですよ。今度はマーボナスにでも挑戦してもらおうかな・・今年はピーマンの栽培をしていないです。去年なりすぎて困ったことになったのでそれほど使わない野菜は作らないようにしています。ナスも去年は3株だったんですが、2株にしました。

2008年7月15日 (火)

ミニトマト

8 2 7

今日はさし芽をしたミニトマトを移植というか栽培場所に固定しました。もともとここには大玉トマトが植わっていた(水耕栽培だから置いていた)のですがほぼ終わりに近いので移動してここに設置しました。タネからの栽培と違ってなんか葉っぱのバランスが悪いですが、元気に花も咲いているしあとはちゃんと着果してくれることを願います。ミニトマトは5月最初に花を咲かせたので収穫まで1ヶ月で1.5ヶ月くらい収穫できるので10月いっぱいは収穫できる計算ですね。ということは1ヵ月後に10月以降収穫できるようにさし芽しなくてはいけないですね。2枚目は稲です。順調に育っていますが、DASH村の稲と比べると成長が遅い?田植えの時期が遅いのでなんともいえませんが・・・・3枚目はスイカの雌花です。1回収穫したやつをほったらかしにしていたらわき芽がでてきたので培養液をあげていたら花が咲きました。これどうなるんだろう・・・ちゃんと育つかはわかりませんが、とりあえず、人工授粉しておきました。うまくいけばお盆明けに収穫できるかと思います。

2008年7月14日 (月)

きゅうり

5 7 5_2

きゅうりは4週間でここまで成長しました。まだ1ヶ月はたっていないですがそろそろ活動が活発になってあっという間につるが伸びて成長が朝晩感じられるようになりました。まだ、きゅうりの花は咲きませんが、かわいいきゅうりの実のついた花芽は確認できます。2枚目の写真は第一弾と二弾の間に1本だけ植えていたトマトです。第一弾と違いちょっと大き目の発泡スチロールにいれてみたのですが、成長力というかこちらのほうが断然元気です。その分、培養液の消費がものすごいです。1日に4Lくらい消費してくれます。第一弾のほうが終わりかけでほとんど培養液は消費しなくなったのでいいのですが、第二弾のトマトたちが活発になってきたのでトータルではかわらなくなりました。3枚目は第二弾のマクワウリです。これも大きめの発泡スチロール箱に入れたら茎の伸びの成長がぜんぜん違います。今日2個のかわいらしいウリを確認しました。受粉すると一気に成長するからわかりやすいです。やはり水耕栽培といえども一定以上の大きさの箱が必要というのがよくわかりました。第一弾のマクワウリが失敗したとき用にタネを蒔いたのですが、あまり必要がなかった気もします。第一弾も2個ほどなっていますので・・・毎日暑くてなかなか農作業がきついですが、汗まみれになっていいならいいのですが、仕事もしなくてはいけないので大汗かいてお客さんの前にはでれないのでその兼ね合いがむずかしいです。でも今日は、第一弾のトマトを数本撤去して第三段のミニトマト(さし芽したもの)を設置したいです。

2008年7月13日 (日)

ストレプトカーパス

2Photo1_2 今日はお店に置いてある花です。ストレプトカーパスという種類の植物で、セントポーリア系と同じ育て方だと思います。セントポーリアに比べてこちらのほうが葉っぱが大きいと思いますが、花はこちらのほうが花数が多くて豪華に見えます。イワタバコ科ですので日向では育たないし、暑さ、寒さに弱いという非常にわがままな植物です。一般家庭と違ってお店ですので昼間は暑ければエアコンがかかっていますし、寒ければ暖房がはいっています。お休みのとき意外は問題はなさそうです。全部で4株あります。去年通販で買ったのですが、今年は植え替えたので株が一回り大きくなったようで、花数と花が咲いている期間が多いのでお店に飾るにはいいと思います。お店も南向きなのでウインドウの商品は太陽光線で傷むのでよくないのですが、植物たちにとってはよいのではないでしょうか。冬は温室には入っていませんがなんとか越冬できたのでよかったです。春から次から次と花を交代で咲かしてくれているのでお店が華やかです。1枚目の真ん中の株が花が少なくなってお休み期間に入ってきました。左の株もそろそろ花が終了です。右の株がいま豪華に咲き誇る期間という感じです。あまり育てている方がいないのか有名ではないですが、普通の観葉植物の土で十分育ちます。栄養は液体肥料です。ハイポニカやラン用肥料をついでのときにあげているくらいです。

2008年7月12日 (土)

収穫

710

今日は写真1枚のみです。ある日の野菜収穫です。トマトばっかりでナスときゅうりが隠れてしまっていますが・・・トマトは第一陣が終わりが近いので収穫がどうしても多くなってしまいます。これは最後の方は一斉に色づき始めるのでしょうがないです。急に気温があがってきたので培養液の補充が大変になってきました。ナスにそろそろ補助タンクが必要になってきたようです。昨日夕方に見たら1本ナスがしおれていたので、慌てて培養液をあげたらすぐに元気になりましたけど・・・びっくりしました。今日も暑くなりそうなので夕方の補充が大変そうです。今月は秋キャベツの種まきがあるくらいで比較的暇な月となりそうです。まあ、既存の野菜たちの世話があるので楽とはいかないですが・・・それにしてもナスはいつ剪定しようかと・・・いっぱい実をつけるのでなかなか決断がつきません。

2008年7月11日 (金)

16 2

今日の1枚目は順調に成長している稲です。水耕栽培といっていいのかは疑問ですが、濃度は低いですがあまりもののハイポニカをあげているのでほかの稲よりは成長が早い気がします。分枝も多いと思います。品種はひとめぼれだったと思います。培養液の濃度が低いのは、雨は入り放題ですし通常は水をあげています。水道水です。培養液は底に少し残ったものをポタポタとあげています。2枚目はさし芽の実験をしたトマトです。順調に成長して花芽も膨らんできました。ただ、設置場所がないので困っています。もう少ししたらミニトマトを撤去できるのでそこに据え付ける予定です。大型の発泡スチロールじゃなかったら入れ替えるのですが、いかんせん培養液だけで18Lも入るので動かすのは現実的ではないのでもう少し辛抱してもらいます。3枚目はエダマメです。今年のエダマメはこの3グループでお終いとなります。スイカもほぼ終わり、とうもろこしも終わり、いちごも2株とランナー株だけとなり、培養液の消費が少しずつ減少してきました。いちごのランナー株をとって植えないとと思っていますが意外とめんどくさいというか暑いので朝作業が終わったらシャワーを浴びてから仕事してます。まあ、健康的でメタボ対策にはいいかもです。

2008年7月10日 (木)

ハーブ

PhotoPhoto_25

今日は先月の16日にタネをまいて1週間たっても発芽せずこの間発芽したのに気がついたパセリです。無事に栽培用の鉢に移し替えたものです。大きくなりすぎたものやひょろひょろのものは、避けてこの2本になりました。これから1年間お世話になるパセリです。もう少ししたら専用の発泡スチロールの箱に収まると思います。2枚目は三つ葉です。去年の三つ葉も花が咲きかけたので根元からぶったぎりました。三つ葉は生命力がすごく強くてまた再生してきましたが、こちらが主力になることはないと思います。ハーブ系だけに匂いが強烈で・・・まあ、茶碗蒸しに少し香り付け程度しか使わないので・・・3枚目は第二段のミニトマトです。花が咲いて実がつき始めました。今は2段目の花が咲き始めているところです。8月から9月にかけて収穫の主役になるトマトです。最初のトマトたちは葉が枯れ始めてきました。実の8割が色づき始めているので枯れるのも時間の問題だと思います。この間にミニトマトが1本だけあります。あと2週間もすれば収穫できるかと思います。赤か黄色かが色づくまでわからないのが困りモノで・・・年とともに物忘れが・・・このほかにハーブはローズマリーがあります。挿し木したもので1本だけ根付いたようです。タネまいても駄目だったし・・・まあ、1本でも根付けば勝手に増えるので一安心です。

2008年7月 9日 (水)

きゅうり

4PhotoPhoto_2

きゅうりたちも約3週間でここまで成長しました。同じ日にタネをまいたのですが、ここまで育ちかたに差がつきました。2枚目の写真はキュウリの葉を食べる青虫です。いつのまにこんなに大きいのがいたのか・・・糞が葉の上に落ちているのに気がついて発見しました。第二段のきゅうりは去年と同じ作り方です。新しいやり方は発泡スチロールが小さすぎて根の発達が限界でこれ以上大きくならないというところまできてしまいました。第三段は大きめの発泡スチロールでやってみます。3枚目は朝顔です。毎年色のバラエティーにとんだタネを蒔くのですが、今年は同じ色ばっかりです。ちょっとがっかり・・・朝顔は別に水耕栽培ではないですよ。放任栽培です。肥料すら最近あげてないのでちょっとかわいそうです。夕方にでもやっておきます。

2008年7月 8日 (火)

エダマメ

1_2 706 7

大量に収穫しました。まずは、エダマメを1箇所につき2本で計4本とれました。1箇所に2粒蒔くので運がよければこういうことになります。大体3本くらいが平均ですね。2本ということはなかったと思います。2枚目は子供たちに収穫を任せていたらミニトマトの房を折るは、ちいさいナスは取るは・・・(;;まあ、何事も経験ですから・・・・3枚目は悲惨なとうもろこしです。ものすごく甘くて取れたての醍醐味を堪能できるほど量がないという・・やはり、うまくいかないですね・・・来年は5月蒔きにします。あわてて蒔いてもしょうがないと気がつきました。タイミングの問題だと思うのですが、事実去年は空梅雨でしたから問題にならなかったと思うのですが、今年はドンピシャで梅雨空と寒空でしたから・・・。取れすぎたトマトは親のところにおみやげと一緒に旅立ちます。
昨日は娘が七夕の代休でお休みなので息子に幼稚園を休ませて南紀白浜まで日帰りの海水浴に出かけてきました。お昼ごはんを途中で仕入れて2時間のドライブで到着しました。この日は駐車料金は民間で1日5時までで2,000円でした。平日だし以外と安かったです。海もまだ空いているし、水も透明度がたかく足元の魚の様子まで見れました。大きな浮き輪をもっていけばよかった・・・子供用の浮き輪しかなかったので足の着くところでいましたのでどのくらいの透明度かはわかりませんが、ハワイの海に負けませんでしたよ。実質2時間くらい泳いで温泉に入って帰ってきました。渋滞もなく最高です。夏休みにはいったら渋滞のオンパレードですもんね・・・駐車場の確保ですら大変なのに・・・デジカメの電池がないのに気がつかず持っていっていざとなったら慌てる典型的なパターンに入りましたので写真は一切なしです。証拠写真残しておかないけどまあ、この後、プールやら琵琶湖やら川遊びやら夏休みの予定はいっぱいあるのでまあいいかという気分です。

2008年7月 6日 (日)

花たち

Photo 胡蝶蘭が花芽を伸ばし始めました。ミルトニアも花芽を伸ばし始めたのですが、秋咲きということで買ったもので・・・いま咲いてどうするんだろう・・・ミルトニアは夏本番のこの暑さで成長が止まると思うのですが・・・・胡蝶蘭は順調に伸びています。蘭達も増えすぎてちょっと困っています。人にあげようとしても枯らすから遠慮されてしまいますし・・・本格的な温室がほしいです。2坪くらいでいいんですが・・・まあ、夢ですね、こうなったら定年したら田舎暮らしですね。定年まで24年くらいありますが・・・65歳で引退と決めています。しかし、ボーナス時を狙ったかようなエアコンの故障・・・今年はなんか祟られているのか、前厄だからなのか、いろいろあります。しかもうちの一番容量の大きいエアコンで高額商品です(><。家の外では朝顔が先週から咲き始めました。とくになんの手入れもしていないのですが、元気の成長しています。少しくらい肥料を与えないといけないのでしょうが、水はやっても忘れてしまいます。切り戻したペチュニアも元気に花を再び咲かしてくれています。ポーチュラカというのも花も乾燥に強いようで元気です。

2008年7月 5日 (土)

とうもろこし

64 Photo

収穫まじかのとうもろこしです。順調にひげが枯れ始めましたが大きさがいまいちのままでしたね・・・今日にも試し取りしてみます。今年は梅雨が梅雨らしく肝心なときはずーっと雨だった記憶があります。まあ、実を2つつけさせているのも悪いのですが、雌穂が出始めたころ雨ばっかりで気温も上がらずとまあ自己反省です。来年は種まきを2週間くらい遅らせてもいいかもしれません。とりあえず、試食してから来年のことは考えます。2枚目のトマトは大玉のトマトの重さに支えきれず曲がり曲がってどうなっているのか・・・わけがわからないです。ただ、ここまで曲がると直しようがないのでそのまま放置しておきます。大玉トマトも旬ですから甘くておいしいですよ。日持ちするし味は濃いし、甘いし言うことはないんですが、反面、日持ちするので生で食べると皮が多少硬いです。3枚目はいちごのランナーがあちらこちらにでたのでこちらにまとめておきました。ランナーは次郎以降を使用するといいそうです。長男は親の病気や虫の影響を受けているそうです。こんだけあると困ってしまいます。本当はこの種類2株だけあればいいのでもったいないです。昨日の水菜の写真をみて、なんか双葉が見えたので確認したらパセリですね・・・16日に同じように蒔いた・・・芽がちっともでてこないので水菜の間引いたものを移植したのに・・・ちょっと涙目です。まあ、発芽してよかったです。これで1年間近くパセリの収穫ができそうです。去年のは、花が咲いて終わりかけていますので・・・種をとろうかとせこいことを考えていたのですが・・・・どうでもよくなってしまいました(笑

2008年7月 4日 (金)

水菜

Photo 2 3

今日は6月16日にタネを蒔いた水菜の近況です。夏場は種まき後1ヶ月くらいから収穫できるそうです。意外と成長が早いので夏休みの自由研究にもいけそうですね。普通は水菜等は鍋物にいれる冬がシーズンだと思っていましたが、サラダ用の水菜ということでこの品種は冬はお休みみたいですね。種まき後1ヶ月で収穫という野菜は以外と少ないですよね・・2枚目と3枚目のきゅうりも同じ日に蒔いたものです。3枚目のキュウリは今日植え替えをしました。ずいぶん、成長がちがってしまいした。通常なら間引きの対象になるのですが、タネ1個づつしかまいてないので生きています。しかし、朝8時くらいに屋上に上がったのですが、すでに29度という気温でした。後でネットで確認しました。(^^;汗が止まりませんが昨日の失敗があるので培養液を普段の5割ましであげておきました。まあ、トマトの発泡スチロールは小さいので限界はありますが、とりあえず夕方までもてばいいです。今月の下旬には秋キャベツの種をまこうかと思っていますが、さて、どうやって育てるか・・・今までの方法だと小さくグレープフルーツくらいの大きさしかできないのでやり方を変えようかと思っています。

2008年7月 3日 (木)

トマト

2

3 4 今日の1枚目は大量に色づき始めトマトたちです。場所は西側のフェンスのところです。2枚目は先週さし芽したものを根がでてきたのでこちらの鉢に植え替えておいたものです。何色のトマトなのかまだわからないですが、赤か黄色か・・・黄色のほうが喜ばれるのでそちらがいいですね。3枚目はマクワウリ系メロンです。ぜんぜん受粉しなかったものですが、ようやく自然に受粉してすくすくと成長しはじめたものですが、発泡スチロールが小さいため根が回りきっていまいち元気がありません。大きいものでやらないといけませんね・・・まあ、経験値をあげる意味では失敗もしないと。失敗から学ぶことが多いですから。今日は雨の予報でしたが、パラパラ振ったのですが、やんだのでキュウリの棚を作りました。それにともないキュウリを撤去したのですが、1株元気にわき芽がでていたので本体は途中で切断してそのまま育てることにしました。1株は完全に撤去したのですが、根が回ってどうにもならない状態でした。今度、ウリ科は全部大きい箱でやることにします。

2008年7月 2日 (水)

なす

1

今日の屋上はむちゃくちゃ暑いです。風は吹いていたので日陰にいたら気持ちがよいのですが、日差しを浴びた瞬間汗が噴出してきてキュウリ棚の作成を途中で放棄しました。写真はナスです。ようやく実がとれるようになってきました。放任栽培ですが、水耕栽培はいい感じで収穫できます。1日1本づつ収穫しています。この奥にももう1本あるので1日2本収穫していますが、ちょっともてあまし気味になってきました。おすそ分け行きですね。秋までのロングランですので途中剪定したりしますので長い付き合いになります。本当は発泡スチロールの栽培もしてみたかったのですが発芽しなかったようで・・残ったのは去年と同じやり方になりました。まあ、こちらのほうは安定しているのでいいのですが、実験してみたかったです。成長すると培養液の補充が大変になるので発泡スチロールのほうが楽かな?と思ったもので・・・暑いので培養液の消費が激しいです。トマトたちは7本が現役であと4本が花が咲きだしました。2本がさし芽して根が出始めています。現役のトマトは現在1日に2L以上の培養液を吸い上げています。ただ、半分以上のトマトが色づいてきているのでそれほど長くはなさそうです。というか効率が悪くなるので撤収するようにしています。株が大きくなって培養液を吸いまくる割りに実がそれほどならないという理由です。これが株を更新する大きな理由です。トマトの木みたいに何万個とならしてもいいのですが、経済的理由により却下ですね。また、場所がなくなってきました。屋上の柵にあわせてトマトを栽培しているのですが南と西側の柵がいっぱいになってしまって東側もいっぱいになってしまいました。マクワウリのうどん粉病がひどいので、カリグリーンを散布する予定です。説明書をみたら予防効果はないと書いてありました。予防するのはダコエールという総合殺菌剤ですね・・

2008年7月 1日 (火)

トマト

Photo1 6_2

寒冷前線が通り過ぎて突風が吹いたみたいですね・・・きゅうりの棚が崩壊してしまいました。すでに4回くらい壊れているので新しい頑丈な棚を作ろうと思っています。きゅうりも実がならなくなったしちょうどいい機会です。次のキュウリは下のほうに写っていますが本葉2枚目がでてきたところなのであと2週間は成らないのでいい機会です。すでに買ってきてあるのですがせっかくできているものを壊してと思うとなんかいやだったのですが、キュウリも終わりましたし、新規一点してみようかと思います。2枚目の写真はトマトをようやく発泡スチロールの中にいれてあげれました。数値だけで注文するとえらいことになるという証明みたな写真です。発泡スチロールはこの半分の大きさでいいのですが、培養液が12L以上はいりました・・・(>< 実際には18Lです。まあ、4~5日家をあけても大丈夫みたいですが・・・お盆のときに活躍しそうです。3枚目はこの間収穫したスイカです。黒皮のスイカですが、普通のおいしさでした。大玉だと思ったのですがおおきくなりません。葉っぱも小さいままでしたし、環境がよすぎるのか・・・・まあ、小玉の大きさで冷蔵庫に保存するには最適でしたのでよかったのかもしれません。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »